Webエンジニアとして独立を考える人のQ&A

Webエンジニア求人Q&A

sitetitle

NEW

SPECIAL

独立志願者が抱える心配事

Webエンジニアとしてある程度経験を積んで、そろそろフリーランスとして独立したいと考えている人向けのQ&Aを紹介します。Webエンジニアとして一定のスキルがあれば、エージェントを活用することで高単価案件を獲得できます。ただし、会社員とは違って、収入は安定しませんし将来的な不安もつきまとうことになります。税金や契約行為なども全て自分でこなさなければならなくなります。独立にあたっては、メリットとデメリット、会社員との違いなどをよく理解し、比較検討してください。

独立志願者が抱える心配事
会社員との違いとは?
会社員との違いとは?

日本で浸透していた年功序列制度には企業から見ても労働者から見ても欠点がありましたが、フリーランスという制度はそれらの欠点を改善させる雇用制度と言えるでしょう。フリーランスになるメリットには収入のアップがあります。能力のある人であればフリーランスになることで大幅アップが見込めます。また働き方も自由になり、勤務時間や休日を自分で決められるようになります。逆にデメリットとして考えられるのは安定性でしょう。フリーランスになることを考えるのであればメリットとデメリットを比較することが必要です。

仕事の獲得法は?
仕事の獲得法は?

フリーランスにとって仕事探しは非常に重要です。企業に勤めている時は安定して仕事も給与も入ってきますが、フリーランスになると自分で仕事を探す必要が出てきます。仕事がなければ給与はもらえないため、仕事を探す方法を知ることも重要です。フリーランスでしたらツテを利用して仕事を探す方法の他に、ネットを使った案件探しやエージェントを利用して案件を探す方法があります。レバテックフリーランスやIT@JOBなどのエージェントはWeb系にも強く、希望にマッチした案件を探してくれるので登録して活用しましょう。

知っておくべき税金の知識は?
知っておくべき税金の知識は?

フリーランスになると税金の計算や支払いを自分でする必要があります。会社勤めをしていると会社がやってくれるので、フリーランスになった時に税金で戸惑う方は多いかと思います。フリーランスが支払う税金は様々ありますが、所得に応じて支払う所得税や住民税はある条件で免除や減額されるので、条件を把握しておきましょう。フリーランスになると国民年金と国民健康保険に加入するためそれぞれの税を支払うことになります。年間所得が290万円を超えると個人事業税、収入が1000万円を超えると消費税の支払い義務が発生します。

契約の際に注意すべき点は?
契約の際に注意すべき点は?

フリーランスが業務の契約をする際、業務委託契約を結びます。契約書に印鑑をすぐに押すようなことはせず、しっかりと内容を確認することが重要です。とくに業務内容や支払いに関してトラブルになることが多いため、業務内容の範囲や報酬の発生条件、内訳などの確認を怠らないようにしましょう。契約書に契約解除の条項がある場合、仕事ができていないと判断されると支払いがされずに契約解除になるケースもありますので注意しましょう。契約書の作成ではヒルトップ行政書士事務所を利用するのが便利でおすすめです。

Webエンジニアとして活躍するために

未経験者歓迎の理由は?

未経験者歓迎の理由は?

Webエンジニアという職種では未経験者を歓迎しています。経験者を雇うと中途半端に知識があったり自己流で仕事をしてしまいチームワークを乱すことがあります。それなら未経験者を雇い入れて自分の会社で活躍できる人材に育てたほうがメリットがあると考えて未経験者を歓迎しているのです。やる気のある人でしたら飲み込みも早く教えたことをどんどん吸収することができますので、未経験者にはやる気が求められます。未経験者でもやる気があればWebエンジニアになることは可能です。詳細はこちら

エージェントの使い方とは?

エージェントの使い方とは?

転職エージェントを使うと転職活動を有利に進めることができます。転職エージェントでは自分に合った求人を探してくれる上に面接の日程を調整してくれたりしますので、働きながらでも楽に転職活動を進めることができます。Webエンジニアの方が転職エージェントを利用するのであれば、IT業界に強いギークリーや、ベンチャー企業などに強いプロコミットがお勧めです。これらの転職サイトはあなたの転職活動の強力なサポーターになってくれることでしょう。詳細はこちら

仕事の獲得法は?

仕事の獲得法は?

多くのフリーランスは仕事を探す際、ネットのクラウドソーシングやエージェントを利用しています。クラウドソーシングは案件が豊富なので仕事を見つけやすいのですが報酬の低い案件が多いです。スキルのあるWebエンジニアであれば、自分のスキルを最大限に活かせる仕事を見つけられるエージェントを活用したほうが良いでしょう。エージェントによっては特定の業界に特化していることもあり、その業界の非公開の案件を持っていますので、レバテックフリーランスやIT@JOBのようなITに強い所に登録して利用してみましょう。詳細はこちら